« 【Info】拙著読者の皆様にThinkBuzan社からプレゼント! | トップページ | 【News】iMindMap10 登場! 〜ファーストインプレッション〜 »

【重要】 Macユーザーは要注意! iMindMap9で、macOS Sierra の標準「日本語IM」を使用するとエラーが発生します

Imindmap_9screensnapz007Macユーザーで、OS標準の「日本語IM」を使用している人は要注意です。

macOS Sierra にアップデートすると、iMindMap9のブランチに文字を入力する際に、エラーが発生します。

そこで、メーカーが対応するまでの間、ユーザーが出来る対策方法をご紹介します。

.
【対策1】 macOS Sierra へのアップデートはしばらく見合わせる

 まずは、対策その1。macOS Sierra へのアップデートはしばらく見合わせましょう。とは言うものの、macOS Sierra には魅力的な新機能が満載ですよね。iMindMap と取るか、新OSの快適さを取るか……。
 やっぱり、macOS Sierra を使いたいと言う人は、対策2、3を実施しましょう。


【対策2】 標準「日本語IM」以外の日本語入力を使う

 私の環境で試してみたところ、下記の日本語入力では問題なく動作しました。

 ・ATOK for Mac
 ・Google日本語入力


【対策3】 キーワード入力操作の手順を変える

 次の手順A または、手順B なら、標準日本語IMでもエラーを回避することが出来ます。

 <手順A>

  1. ブランチをかく
  2. すぐに文字キーをタイプせずに [F2]キーをタイプ または ブランチをダブルクリック して、テキスト編集状態にします。
  3. 文字キーをタイプしてキーワードを入力します。

 <手順B>

  1. ブランチをかく
  2. すぐに文字キーをタイプせずに [スペース]キーをタイプする。すると、テキストエディターが表示されます。
  3. 文字キーをタイプしてキーワードを入力します。

 ホームポジションがキープできるので「手順B」の方がオススメ! いずれも、余計な手順が1つ増えてしまいますが、使い慣れた日本語入力を引き続き利用できるが「対策3」のメリットです。

-----

 実は、私はATOK for Macを愛用しているため、標準「日本語IM」でのこの現象に全く気がつきませんでした。マインドマップインストラクター仲間からの情報でこのエラーを知りました。
 なお、iMindMap7では、macOS Sierra 標準「日本語IM」でも正しく動作しました。ただし、ライブ変換を有効にすると激重! ライブ変換は無効にする必要ありですね。

 

iMindMap10がまもなく登場するそうですので、おそらく、iMindMap9ではこの現象は改善されないのではないかと、私は推測しています。いずれにしても、しばらくは上記の対策で対処しましょう。

|

« 【Info】拙著読者の皆様にThinkBuzan社からプレゼント! | トップページ | 【News】iMindMap10 登場! 〜ファーストインプレッション〜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181065/64316563

この記事へのトラックバック一覧です: 【重要】 Macユーザーは要注意! iMindMap9で、macOS Sierra の標準「日本語IM」を使用するとエラーが発生します:

« 【Info】拙著読者の皆様にThinkBuzan社からプレゼント! | トップページ | 【News】iMindMap10 登場! 〜ファーストインプレッション〜 »