「iMindMap Ver3 日本語版」 Mac OS X 10.6.2 で使えるように? !

 メーカー非サポートですが、Mac OS X Snow Leopard を 10.6.2 にアップデートで、iMindMap Ver.3.2.3(日本語版)がちゃんと起動するようになりました。
 ただし、メニューが不思議な表示の仕方になっていますね(汗)

続きを読む "「iMindMap Ver3 日本語版」 Mac OS X 10.6.2 で使えるように? !"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

iMindMap v3 は Snow Leopard 非対応

【iMindMap Version3 はSnow Leopard 非対応】

 昨日、『日本語版 iMindMap 公式サイト』に「iMindMap Ver.3のSnow Leopard対応について」という記事が掲載されました。

誠に申し訳ございませんがBuzan’s iMindMap Ver.3は、Mac OS X v10.6 Snow Leopardには対応しておらず、また、対応予定もございません。

現在、iMindMap Ver.4での対応を検討している段階でございます。
具体的な発売日等が決まり次第、メールニュース及び、WEB上にてご案内させていただきます。

とのことです。


【インターナショナル版 は Ver.4.1 で Snow Leopard 対応】

 インターナショナル版の方は、9月末にリリースされるVer.4.1 で対応するそうです。予想外にSnow Leopard (Mac OS X 10.6)が早く発売されたため、対応が間に合わなかったようです。インターナショナル版バージョン4ユーザーは『バージョン4.1』に無料でアップグレード可能です。詳しくはこちら!

【Ver.3をSnow Leoradで起動すると…?】
 iMindMap公式サイトのFAQ によると、「Snow Leopard でiMindMapを開こうとしても、プログラムがロードされず、iMindMapにアクセスできない」そうです。日本語版 iMindMap for Mac を使っているユーザーがSnow Leopardにアップグレードする場合は、Version4 のリリースを待つしかないようですね…。
 それにしても、日本語版はVer.3のUltimateも発売されていない状態で、Ver.4の日本語版が発売されるのか少々不安に感じてしまうのは私だけでしょうか?

 個人的にいつもOSのアップグレードの際に一番気になるのは親指シフトが使用できるかどうかなのですが、mixiの「Macで親指シフト(NICOLA)」コミュのトピックに Snow Leopard でTESLA(親指シフトエミュレーター)の動作報告が早速上がっていますので、今回は、iMIndMap Ver.4.1がリリーされたら、即、Snow Leopardにアップグレードしてみようかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iMindMap Ver.3 日本語版 Ultimate のダウンロード販売の時期はまだ未定らしい…

ちょっと前(6月2日)に、サポートに問い合わせてみたのですが、その時点での回答では、Ultimateのダウンロード販売&アップグレードの開始時期については、いつから開始しますとアナウンスできる段階になってないらしいです…。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

Buzan's iMindMap を使った『1日のタスク&スケジュール・マップ』 [Ver.3 対応版]

【1日のスケジュール・マップ を新しく作ってみました】
 ちょうど一年ほど前に、トニーブザン氏の著書『ザ・マインドマップ』に紹介されている氏のスケジュール帳を参考に、iMindMapで「1日のスケジュール」のテンプレートを作ってこのブログでもご紹介しましたが、その改訂版を作成してみました。
 今回は、毎日マップを描いているマインドマップ手帳を参考にしました。それが(図1)です。
Schedule_map090412_2
【図1】iMindMapで一日のスケジュールマップ New!


【ちょっと使いにくかった前回のスケジュール・マップ】

 昨年作成したスケジュール・マップ(図2)は、見た目がおもしろくてとても気に入っていたのですが、実際使ってみると、円形のタイムテーブルにスケジュールを書き込むのが結構面倒でした。また、バージョン3になり、マップに配置した画像がすべてブランチの裏側に配置されるようになって、元のイメージとだいぶ違って、タイムテーブルの部分のブランチがかなり見苦しくなってしまったため(図3)、結局使わなくなってしまいました。
0330schedule
【図2】昨年作成した一日のスケジュール・マップ

0330schedule
【図3】これをVer.3 で開くとこんな感じに…(;^_^A



【今回のマップは簡単にスケジュールが描き込めます!(Ver.3にも対応)】

 今回はとにかく簡単にスケジュール部分に描き込みができることを目標にしました。かなり良い感じで出来たと思います! マップ全体は「図4」のようになっていて前回の円形のタイムテーブルを展開したような感じになっています。
090412_3
【図4】マップの全体像。スケジュール用のサブマップがもう一個あるような感じです

 スケジュールを入れたいところだけブランチを引くようにしたので、見た目も、使い勝手もとてもすっきりしました。今回も、MacBookのワイド画面(1,280×800)で、iMindMapを75%表示にして使用することを想定しています。
Schedule_map0904122_3
【図5】タイムテーブルの中心からドラッグしてブランチを作成

※まだいろいろと改良が必要かとは思いますが、個人的にはまずは満足できるものが出来たので、iMindMapのファイルもアップします! よろしかった使って見てくださいませ<(_ _)>

テンプレート「Daily_Schedule_V3.imm」をダウンロード
サンプル「090412.imm」をダウンロード

《使い方》

  • TimeTable(円形)の中心にマウスポインタを当てたときに現れる青い輪に囲まれた赤丸をドラッグすると新しいブランチが作成できます。スケジュールバー(?)の該当する時間の部分までブランチを引いて、そこから、さらにもう一つサブブランチを引いて、そのラベルに時間を入れると形を整えやすいと思います。
  • MacBook の画面(解像度1280x800)で75%表示することを想定して作成していますので、お使いの環境ではサイズやバランスが悪いかもしれません。そのような場合は、TimeTable(円形)の中心にマウスポインタを当てたときに現れる青い輪をドラッグするとタイムテーブルとスケジュールバー(?)を移動することが出来ますので、お使いの環境に合わせて好きな場所に移動してご利用ください。
  • Timetable(円形)とスケジュールバーとその右横のベージュの部分はそれぞれ独立していますので、自由に大きさを変えることも出来ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iMindMap v3 日本語版のダウンロード販売は4月中旬ごろ開始(予定)だそうです

【iMindMap v3 日本語版 ダウンロード販売は4月中旬予定?】
 とうとう4月になってしまいましたので、Ultimateへのアップグレードキャンペーンはいつから始まるのか、メールでサポートへ問い合わせのたところ、その返事が届きました。(昨晩、午後7時頃メールして、今日のお昼前には返信がありましたので、確かに、サポートのレスポンスはかなり良くなりましたね…。)内容としては、

 ただいまダウンロード販売用サイトの準備を進めており、今しばらくのご猶予を賜りますよう御願い申し上げます。
 3月初旬をメドに準備を進めておりましたが、準備が遅れており皆様に多大なご迷惑をおかけしております。4月中ごろには開始できる予定ではございます。誠に申し訳ございません。
 ダウンロード販売サイト延期に伴いまして、アップグレードキャンペーンにつきましても現在延期とさせていただきます。大変お待たせいたしまして申し訳ございません。

とのこと。ぜひとも、4月中旬には開始してほしいですね。きっと、Ultimateへのアップグレードがあるということでパッケージ版をいち早く購入された方もおられるはずですから…。

※実は、私は今Ultimateを使っております。理由は、インターナショナル版(Ultimate)をインストールしていた環境に、日本語版をインストールしたら、メニューやズームのショートカットなど英語=インターナショナル版の状態のままなんです。しかし、日本語版で導入されたプレゼンテーションなどの機能が利用できるんです! はからずも、インターナショナル版(?)v3.2.3 Ultimate として動作してしまっているのです。日本語版で追加された「プレゼンテーション」モード、良いですよ! その他、エクセルのエクスポートや、プロジェクトなんかもなにかと使える機能です。ですから、ぜひともはやく日本語版Ultimateをリリースしてほしいなと思います。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうとう4月です。Ultimateのリリースはいつ? (;^_^A アセアセ…

4月ですね。iMindMap Ver.3 日本語版 Ultimate のリリースっていつなんでしょうね?
先ほど見たら、ボリューム・ライセンス販売のページ へのリンクが切れてますね…。iMindMapストアも「売り切れました」のままですし…。

バージョン3は、ある意味Ultimate版にしかない機能が売りになっているところもあるわけですからね(;^_^A アセアセ… 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[iMindMap Ver.3]オートレイアウト(その2)『ソート機能』

※画像がインターナショナル版のままになっておりますが、内容は日本語版に書き換えてあります。画面キャプチャし直す時間がとれなくて…。ご了承を<(_ _)>

【ブランチをラベルの文字をキーにソートする】

 iMindMap Version3に、搭載されたオートレイアウト機能は、ソート機能も備えています。「オートレイアウト」ダイアログには「ソート」の項目があり、デフォルト/昇順/降順 の3つの内どれかを選ぶことができます【図1】。

Sorting
【図1】 「オートレイアウト」ダイアログで ソート順を選択する

 ソート適用前後の動きがわかりやすいマップを作成して実際のマップをソートしてみました。その結果が【図2】〜【図4】です。アルファベットや数字だけではなくてひらがなカタカナにももちろん対応しています。この機能はマニュアルなど順を追って参照したいマップを作成するときに便利だったりします!
Sortingdefault
【図2】スピードマッピングモードを用いて、確認用に作成したマップ

Sortingascending
【図3】昇順 でソートしたマップ


Sortingdescending
【図4】降順 でソートしたマップ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iMindMap v3 日本語版 Ultimate エディションの発売はもうすぐ?

こんなページを見つけました。
アップグレードキャンペーン
(でもこのページ、まだ、公式サイトのどこからもリンク張られていないですね…。そして、こんなページも…)。どちらもグーグルでちょっと検索したらヒットしました。「只今、開店準備中」という所でしょうか。

そして、ボリューム・ライセンス販売のページができております。(こちらは、公式サイトの取り扱い店舗のページからリンクされています。)
このサイトではもうUltimateのボリュームライセンス購入が可能になっているようです。(3月1日発売って書いてある!)

さてさて、Ultimate発売の正式なアナウンスも近そうですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[iMindMap Ver.3 日本語版] 『プロジェクトマネジメント』マインドマップと連携で簡単プロジェクト管理!

※ちょっとした事情でメニュー等がすべて英語表示になっておりますが、使用しているのは「iMindMap Version3 日本語版」です(#^.^#)

【マインドマップでプロジェクトを管理する】

 iMIndMap Ver.3 Ultimateエディションには新機能『プロジェクトマネージメント』モードが搭載されています。この機能を使うとマインドマップと連携したガントチャートを簡単に作成することが出来ちゃいます(#^.^#) 
 サンプルとして描いたスケジュール管理用のマインドマップ(図1)から、ガントチャートを作成してみました。
Projectmanagement00
【図1】スケジュール管理のマインドマップ(サンプル)



【モードを切替えると自動でガントチャートを作成!】

 「マインドマップ」モードまたは「スピードマップ」モードから『プロジェクトマネージメント』モードに切り替えると、画面が3ペイン表示になり、ブランチを縦軸に配置したガントチャートが自動で作成されます!
 作成されたガントチャートの初期状態ではタスクすべてがプロジェクトマネジメントを適用した日にちになっていますので、それぞれのタスクに開始日時/終了日時など必要な情報を入力していきます。そして、出来上がったのが(図2)の画面です。
Projectmanagement01
【図2】ガントチャートに必要な日時などを設定し終えた画面

 プロジェクト全体の開始日と終了日には赤系の、今日の日にちに緑系のカラーが自動で表示されています。



【各タスクごとに達成率を簡単に管理】

『プロジェクトマネジメント』モードではマインドマップの各ブランチには小さな円グラフが表示されていて、ここをクリックすると25%毎に円グラフが進んで、ガントチャートの達成率も連動して棒グラフが青く塗られていきます! もちろん、ガントチャートのタスクを編集して達成率を1%単位で直接打ち込むことも出来ますが、ブランチの円グラフから達成率を簡単に設定できるのはなかなか便利です。
Projectmanagement06
【図3】各ブランチに小さな円グラフが表示される



【他にもガントチャートの基本的な機能も装備】

 タスク同士の依存関係を示す補助線や、マイルストーンも利用できます。タスクに対するリソースも入力できます。これらを入力したのが(図4)です。3ペインの画面の大きさはそれぞれ表示サイズを調整できますので、このようにガントチャートを大きく表示をさせることをOKです!
Projectmanagement02
【図4】補助線やマイルストーンを入力したガントチャート

 サンプルで作成したマインドマップのブランチには、「タスク」と「リソース」の両方が含まれていますので、それがそのまま縦軸に入っています。ですので、ちょっと複雑なガントチャートになっています。本来のガントチャートは縦軸に配置するのはタスクかリソースのいずれかですよね。(個人的にはそれぞれのタスクに対してのリソースの配置がわかるのでこういう書き方もありかなと思ったりするのですが…)。そこで、リソース項目を畳むと…、タスク・ガントチャートとして表示できますね(図5)
Projectmanagement022
【図5】項目を畳んだり表示したりすることが出来ます



【ちょっと改善要望!】

マインドマップから簡単にガントチャートが作成できる『プロジェクトマネジメント』モードは、いろいろなビジネスユースで活躍してくれます。
 ただ、インターナショナル版を約半年使っていて、いくつか自分の用途には合わないところがあります。それはどんなことかというと…

  • タスクの開始/終了を日にちだけで管理したい
    • 時間も入れないといけないのですが、私の場合、日にち単位でプロジェクト管理をしているのでちょっと不便です。期間をきっちりの日数(例えば2days)にすると終了日が翌日になっちゃうし、終了日をあわせると、期間が1.96dyasとかなっちゃうし…。
  • 3ペインで印刷したい
    • ぜひ、3ペインの状態で印刷したいんですけど…。
  • ガントチャート部分の拡大縮小表示をしたい
    • マインドマップの拡大縮小表示は出来るのですが、下段のガントチャートの部分は拡大縮小できません。MacBookのように縦の解像度が低いディスプレイだと全体が見渡せないのでちょっと不便です。
  • 畳んだ状態で保存したタスクは、その状態を覚えていてほしい
    • ファイルを開くと畳んでいたタスクが全部開いた状態で表示されちゃいます。元からタスクを畳まなくても良いようなガントチャートの作り方をすれば良いのかもしれませんが、図4、5のような使い方をしたい時にちょっと不便かな…。
  • ガントチャートの左側のタスク情報の任意のカラムの幅を調整したり、非表示にしたい
    • これが出来れば、期間と開始/終了とが合わなくても問題なくなるんですが…。
  • 土日祝日には色をつけたい
    • 単純に土日祝日は実働日数に入らないので…。色だけじゃなくて、期間も休日分を引いて表示できると嬉しいです。

 ちょっとわがままな要望だったりするところもありますが、3ペインの状態で印刷できると、すごく便利だと思うのですが、実際は、それぞれが別の用紙に印刷されます(図6、7、8)。せめて、タスク情報とチャートは一緒に印刷して欲しいところです。そうじゃないと、何のタスクなのかわかりずらいです…。
Projectmanagement03
【図6】1ページ目(マインドマップ)

Projectmanagement04
【図7】2ページ目(タスク情報)

Projectmanagement05
【図8】3ページ目(チャート)



【一工夫して3ペイン状態で印刷する】

 ここで、ちょっと一工夫して3ペイン印刷する方法をご紹介。マインドマップ、タスク情報、チャートの3つのバランスを好きなように調整した画面をスクリーンキャプチャして、プリントアウトしてしまいましょう! それが、図9です。これは実際に昨年末のプロジェクトの時にプリントアウトして、超整理手帳に挟んでいたものです。とても重宝しました(#^.^#) ちなみに土日祝日に色鉛筆で色を塗ってあります。こうすると一週間の区切りがとてもわかりやすくなります。
Cimg0062_2
【図9】スクリーンキャプチャしてプリントアウトしたマインドマップ&ガントチャートを超整理手帳に挟んだところ。これはとても便利でした!

 ただし、これをするには最低でもUXGA以上の解像度のディスプレイが欲しいところですね。MacBookの縦の解像度ではちょっと無理でした。いろんな意味でiMIndMapを快適に利用しようと思うとUXGAクラスの解像度のディスプレイが欲しいですね。


【MS-ProjectやOutlookへの書き出しもOK!】
 作成したガントチャートはMicrosoft Project へエクスポート(Mac版からもOK!)したり、 タスク等をMicrosoft Outlook に送信することも可能だそうです。 実は私はどちらも使っていないので「だそうです」としか書けないのですが(;^_^A これらのアプリを利用しいる方にはマインドマップから情報を取り込めるのはものすごく便利だろうなと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[iMindMap v3 日本語版] 新しくなった「プレゼンテーション」モードはとても楽しい!(動画付き)

【新機能 プレゼンテーション・モードはとても楽しい!】
 iMindMap Version 3 日本語バージョン Ultimateエディションに搭載されている新機能『プレゼンテーション』モードは眺めているだけでも楽しいですね(#^.^#)  マインドマップを使ったプレゼンテーションの効果が数段アップすること間違いなしです!

 Ver.2でもプレゼンテーションモードがありましたが、こちらはブランチを畳んだり展開したりする機能でした。Ver.3ではこの機能は「マインドマップ」モードと「スピードマップ」モードの中に統合されています。同じ『プレゼンテーション』という名前ですが、全く新しい機能と言って良いでしょう。

 下のマップは中1の息子が参加する市のスキー教室の説明会の内容を描いたマップです。これを『プレゼンテーション』モードで再生してみました!
Ski
【図1】スキー教室の説明会の内容を描いたマップ

このマップを「プレゼンテーション」モードで再生した画面がこんな感じです↓ これはすごいですね! 私のへたくそなマップでもすごくわかりやすく見せることが出来ます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧